【ForeAthlete235J】前225Jの悪いレビューを参考に改善か?!

【ガーミン235J】前225Jの悪いレビューを参考に改善か?!

ガーミンのGPSランニングウォッチ【ForeAthlete(フォアアスリート)235J】の発売を受け、前モデル225Jとの変更点について、調べてみました。

225Jのレビューや口コミで評価の低かった点が、235Jで改善されているか、225Jの口コミと比較します。

スポンサーリンク

235Jは、225Jのイマイチな点を改善できたのか?

225Jは充電器がゆるく、外れやすい!235Jは?

ガーミン ForeAthlete 235Jの前モデル、225Jは、2015年後期に一番売れたガーミンのGPSランニングウォッチです。

225Jの口コミを見ても、評価は高く、悪い口コミを集めるのはなかなか難しいのですが、中には気になるレビューもありました。

その内のひとつが、

225Jは、充電器(クレードル)がゆるく、外れやすい・・・。

というもの。

225J充電中-min

http://yokoden23.com/20150825_foreathlete225j/より

(225J)の上下を間違わないようにしたら、外れなくなった。

という口コミもありますが、いずれにせよもっと単純で、しっかり充電できるようにしてほしいところです。

225Jの充電器は、コの字型をしていました↓↓

225J充電-min

http://shirokuma-web.net/garmin-forerunner-225-review/より

対して、235J(写真は英語版FR235)の充電器は、というと・・・

クリップ型に変更されています!(元に戻ったと言った方が良いでしょうか。)

ガーミン235Jを徹底レビュー!開封&ランで気になった19のこと

【ガーミン235J】前225Jの悪いレビューを参考に改善か?!

クリップ型への改良によって、225Jの時のような緩みは無くなりました!

225Jのライトシールで赤い発疹…アレルギー発症!235Jは?

また、225Jの口コミには

「ラバーライトシール」で赤い発疹がでて、ラテックスアレルギーになった・・・。

という気になる内容のものもあります。

225Jライトシール-min

「ラバーライトシール」は、脈拍を計測するセンサーの精度を上げるために付いているのですが

素材がラテックス(ゴム)のため、まれにアレルギーを発症する方がいるようです。

また、

走った後、ForeAthlete225Jを洗わずに使用していたら、匂いが発生・・・。
水洗いしても臭かったので、ラバーライトシールを外して洗ったら、匂いが消えた。

毎回、225Jのラバーライトシールを取って、洗うのが面倒!

という意見もあり、改善が期待されていました。

そして、これが、235Jの裏側↓↓

【ガーミン235J】前225Jの悪いレビューを参考に改善か?!

ラバーライトシールが無くなっています!

私も含め、アレルギーが気になる人には、嬉しい限りです。

225Jのベルトはホコリが付きやすい!235Jは?

この点については、気にする方・気にしない方に分かれると思いますが、実は225Jのベルトについて

225Jは、ホコリが付きやすい。洗っても、すぐにホコリが付くのが残念。

という口コミがあります。

確かに225Jのベルトやライトシールに、薄っすらホコリが見えます↓↓

225Jほこり
http://eyewhale.com/blog/archives/1582より

ForeAthlete220Jと比較すると、225Jのベルトの方が柔らかく、装着感が抜群!

と言う方もいるので、225Jのベルトが駄目とは言えないのですが、ホコリが付かず綺麗な状態であるのに越したことはないですね。

ガーミンは、こういった口コミを参考に235Jを開発したのでしょうか・・・!?

235Jは、ホコリが付きにくいベルトに変更されたそうです!

235Jのその他の改良点

その他、少数意見ではありますが、次のような口コミに対して、改良されています。

ランニングウォッチにしては、大きく厚いのが気になります。慣れれば平気ですが、軽い方が好きなので・・・。

⇒⇒235Jは、サイズ・重量とも、220Jとほぼ同等まで、サイズダウンしました。

  • 220J…45×45×12mm(40.7g)
  • 225J…54.9×48×16mm(54g)
  • 235J…45×45×11.7mm(42g)

225Jで計測した心拍数を、EDGE520J等で受信することが出来ません。

⇒⇒235Jでは、計測した心拍(脈拍)データを外部のデバイスに送信可能になりました。

元々225Jは、時計自体に悪いレビューが少なかったので、充電器やライトシール、ベルト、サイズ等が改善された235Jは、「文句のつけようがない」といった印象です。

あえて言うなら、動作時間をもっと長くしてもらいたい!ということでしょうか。

235Jの動作時間

  • トレーニングモード(GPS):約11時間
  • トレーニングモード(GPS+GLONASS):約9時間
  • 時計モード:約9週間
  • 時計モード+ライフログ+通知機能+光学式心拍計:約9日間

ウルトラはきついけれど、フルマラソンまでなら問題無いというレベルです。

その他、235Jで追加された主な機能

これまで紹介した改良点の他にも、ForeAthlete235Jは、多くの機能が追加されましたので、そのうちの、主な機能を紹介します。

GPS+みちびき+GLONASS(グロナス)で精度アップ!

235Jは、これまでのGPS、みちびきに加え、ロシアの衛星GLONASSにも対応

対応する衛星が増えたことで、捕捉時間もより速く、精度も向上しました!

connect IQ対応で235Jをカスタマイズ!

235Jは、ガーミンのアプリダウンロードサイトconnect IQに対応しました

「Date Fields」を変更して、データの表示項目を増やしたり、

「Watch face」を変更して、好みの時計表示にしたりと、

まるでスマートフォンのように、好きなアプリをダウンロード可能!

connectIQ

英語表示中心なのは残念ですが、新しいアプリも続々と登場し、GPSランニングウォッチの進化を感じます。

Vo2MAX(最大酸素摂取量)&リカバリータイムを表示!

これまで、620J以上の上位モデルでしか表示されなかった「Vo2MAX(最大酸素摂取量)」「リカバリーアドバイザー」機能も追加。

持久力や、回復に必要な時間を知ることができ、モチベーションアップにつながります。

スマホの着信やメールを235Jでも通知!

スマート通知機能を使えば、スマートフォンの着信とメッセージなどを235Jにも通知します。※1

235Jでスマホの音楽操作が可能!

スマートフォンの音楽の再生や停止などの操作もできます。(オーディオコントロール)※1

イヤホンから聞こえるオーディオアラート

トレーニング中の「ラップタイム」や「アラートメッセージ」をイヤホンを通して知らせてくれます。

聞いている音楽の音量が自動で小さくなり、オーディオアラートが流れます。※1

※1 スマート通知・音楽コントロール・オーディオアラートは、BLE(Bluetooth Low Energy)での接続が必要です。

まとめ

225Jが発売されてから、8か月。

次モデルForeAthlete235Jは、ユーザーの声を活かしたGPSランニングウォッチに仕上がっているようです。

悪い口コミに対して、すぐに改善しようとするガーミンの姿勢は、かなり好印象。

ぜひ、他のメーカーも見習ってもらいたい(!)です。

大人気!!(2016年4月21日発売)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク