EPSONはGARMINに劣るのか?!エプソンsf-850レビュー

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

エプソンWristableGPS(リスタブルGPS)sf-850を使ってみたので、愛用のガーミン235Jと比較&レビューします。

GPSや心拍計の精度、反応の速さ、各画面の見やすさ、電池の減り方など、面白い発見がありました。

スポンサーリンク

エプソンsf-850レビュー!235Jとの違いは?

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

光学式心拍計内蔵モデルとして、よく比較されるガーミンForeAthlete235JとエプソンWristableGPS sf-850。

それぞれのGPS腕時計を、項目ごとにランク付け(1~3)しました。

235Jとsf-850、優秀なのはどっち?!

時計画面はどちらも長所あり

ガーミン235J ★★★ エプソンsf-850 ★★★
設定から、画面の背景色(白/黒)や時刻のカラーを指定できる上、connectIQを使えば、好きな時計画面に変更することができる。デフォルトの時計画面は心拍数の表示なし。 235Jのように時計画面をカスタマイズすることはできないが、デフォルトで「心拍数(HR)」や「心拍ゾーン」が表示される点は、かなり使いやすい。

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

※コネクトIQで画面を変えた235J↓

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

※235Jのボタンは5つ、sf-850のボタンは4つ。違いは、sf-850には「前画面へ戻る」専用のボタンがないこと。

GPS捕捉時間はsf-850の方がのんびり

235J ★★★ sf-850 
捕捉時間は、かなり早い。よくGPSを起動する場所なら、1~3秒で捕捉が完了することもあり、曇っていたとしても10秒前後で完了する。 捕捉時間は、30~50秒とのんびりしている。特に新しい場所での測位や、動きながらの測位だと、より時間がかかるため、スマホと同期した後、GPSを起動すると良い。

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

ラン計測画面は4項目vs3項目

235J★★★ sf-850★★
計測画面は、4項目表示×2ページ。各項目は、43項目(タイム、距離、ペース、スピード、心拍、時刻など)の中から好きな項目を表示できる。1ページ目はトレーニング用2ページ目はレース用と使い分けるのも◎ 計測画面は、3項目表示×4ページで、各項目は、35項目の中から設定できる。個人的には、ランニング中によく確認する項目が4つあるので、2ページ目を表示させる必要があるのが、★-1。

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

※sf-850の計測画面は、一時停止中に背景が黒/動き出すと背景は白になる。

オートポーズはsf-850が早い

235J★★ sf-850★★★
オートポーズは、sf-850より若干遅め※。一時停止するときも、動き始める時も、少々間をおいて反応する。 オートポーズは、かなり反応が早い。一時停止でも、動き始めでも、瞬時に反応する。しかもかなり正確。

※実質の差としては、1~2秒程度。

心拍計はどちらも精度は十分

235J★★★ sf-850★★★
心拍計の精度は、ランニング中の心拍数を把握するのに十分なレベル。たまに(心拍数が急上昇した時など)、異常値と思われる大きな値が表示されることもあるが、計測不能になることはほとんどない。 sf-850の心拍計も、かなり精度が高い。ベルトの締め方などで、まれに計測不能になる時があるが、235Jより心拍数の上下に早く反応して、表示。異常値は少なく、安定している。

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

ランニング履歴画面はsf-850の文字が大きい

235J★★ sf-850★★
各項目が日本語で表示してあるので、分かりやすい。ただし、文字は小さいので、視力に不安がある方は見にくいかも。 文字は235Jより大きいので、視力が心配な方でも見やすい。ただし、各項目がアイコン表示なので、若干分かりにくい。

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

※どちらも、各ランニングの履歴を選択すると、詳細なデータが表示される。

↓↓↓

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー235Jの詳細データ(1ページ目)

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビューsf-850の詳細データ(1ページ目)

sf850にはリカバリーアドバイザー無し

235J★★★ sf-850(ー)
ランニング後、疲労を回復するまでの時間を表示してくれるリカバリーアドバイザー。故障しないためにも、参考にしたいところ。 リカバリーアドバイザー機能無し

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

VO2Max(最大酸素摂取量)値はほぼ同じ

235J★★★ sf-850★★
カラーで表示されたゾーンと矢印で、自分がどのレベルにいるのか一目瞭然なのが良い。 数値は235Jとほとんど変わらない。ただ、数値が表示されるだけで、レベルまでは分からないのが残念

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

※VO2Maxは、どちらも一定の条件が揃わないと推定されないので、毎回更新されるわけではない。

sf850の活動量計(歩数計)は多めに表示?!

235J★★★ sf-850★★
歩数計は、若干の上下はあるものの、おおむね信頼できる 歩数計は、少しの振動でも歩数がカウントされる時がある

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

※歩数を数えながら、活動量計の数値を見てみると、ガーミンはおおむね正確な数値を示し、エプソンは多めにカウントされる傾向にあった。

バックライトはsf-850が明るい

235J★★ sf-850★★★
バックライトは、暗めなので、視力に不安がある人は、夜は見にくいかも。 バックライトは、かなり明るいので、夕方&夜でもよく見える。

動作時間(電池のもち)は、ほぼ同じ

235J★★★ sf-850★★★
電池のもちは、良い。使用状況によっては、公表されている動作時間より減りが速いこともあるが、気になるほどでもない。 電池のもちは、235Jとほぼ同じで悪くないが、エプソンが公表している動作時間よりだいぶ短い。

【比較】ガーミン235Jとエプソンsf-850装着ラン&レビュー

これまでの比較をまとめると…

ガーミン235J エプソンsf-850
時計画面
GPS捕捉時間
計測画面の項目数 4項目 3項目
オートポーズ
心拍計
ランニング履歴
リカバリーアドバイザー
VO2Max
歩数計
バックライト
動作時間

★★★/○=★★/△=

ガーミンForeAthlete235Jのスペック

「GPSの補足時間」「4項目の計測画面」「心拍計」「活動量計」「リカバリーアドバイザー」など総合的にみて、かなり有能だと言えるでしょう。

日常生活からトレーニングまで、しっかりランナーをサポートしてくれます。ただし、色によっては売り切れていることも多いのが残念。

ガーミンForeAthlete235jスペック

ガーミンForeAthlete235Jスペック2

※スペックはメーカーHPより抜粋

エプソンWristableGPS sf-850のスペック

対して、sf-850は「オートポーズ」や「心拍計」の反応が早く、「バックライト」も明るいので、ランニング時の相棒としては十分機能します。

235Jよりも機能は少ないですが、その分扱いやすく、日本製なので不具合が少ないという意見も…(!)

※2017年1月19日に新色の3モデルを追加し、全5色になりました。

エプソンWristableGPS sf-850スペック

エプソンWristableGPS sf-850スペック2

※スペックはメーカーHPより抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク