心拍計内蔵!ガーミンForeAthlete35Jと235Jの違いは何?

心拍計内蔵のGPSウォッチ「ガーミンForeAthlete35J」が発売されました!

大人気の「235J」との違いは何か?

25項目で徹底比較します。

スポンサーリンク

ガーミン35J/235Jの違いは何?

35Jは白黒だけど、37.3gと軽量!

35J 235J
サイズ 35.5 x 40.7 x 13.3 mm 45 x 45 x 11.7mm
ディスプレイ 128 x 128 ピクセル  215 x 180 ピクセル
カラー 白黒 カラー
重さ 約 37.3g 約 42g
防水機能 50m防水 50m完全防水

35Jは、235Jより一回り小さく作られています。重さも、約5g軽い、37.3g。

その分、液晶も小さくなっていますが、表示をシンプルにすることで、必要なデータを大きく表示。

トレーニングの計測画面は、3項目を表示。それぞれ変更することができますが、デフォルトでは【①距離→タイム→ペース】【②心拍ゾーン→心拍数→カロリー】2ページとなっています。

項目が何を示しているのか、分かりにくい気もしますが、慣れれば問題ないような気もします。

ディスプレイは、235Jがカラーであるのに対して、35Jは白黒

操作ボタンは、235Jが5つで、35Jは4つです。

35Jは稼働時間が長い!

35J 235J
稼働時間 GPS&心拍計ON…最大13時間 GPS&心拍計ON…約11時間
保存データ 7回のデータ※ 約200時間のデータ
GPSなど衛星機能 GPS+みちびき GPS+GLONASS+みちびき
加速度計(Gセンサー)
手首での心拍計測 3点計測 3点計測

ガーミン35Jは、235J同様、手首で心拍(脈拍)を計測する「光学式心拍センサー」を内蔵。3点で計測します。

トレーニング時の稼働時間は、35Jの方が2時間長い、13時間(最大)。

35Jの稼働時間は、前モデル15Jの稼働時間(GPSモードで約8時間)と比較しても、かなり優秀と言えるでしょう。

ただし、235JはGPSとみちびきの他、ロシアの衛星GLONASSにも対応

衛星の測位という点では、235Jの方がより精度が良い場合が多いと考えられます。

※保存可能データ量は、35Jは7回分と少ないですが、「garmin connect(ガーミンコネクト)」へデータを転送すれば、データはアプリ内に保存されます。

35Jの機能はかなりシンプル!

35J 235J
オートポーズ
オートラップ
最大酸素摂取量(VO2Max)
リカバリーアドバイザー
予想タイム

多機能な235Jに比べると、35Jの機能はかなりシンプルです。

と言っても、35Jもトレーニング時に必要なオートポーズ、オートラップには対応。トレーニング中に不自由を感じることはありません。

ただ、235Jには、最大酸素摂取量や予想タイムなど、ランニングのモチベーションを上げてくれる機能も多いのは事実。

トレーニングの運動強度を数値化してくれたり、回復にかかる時間を表示してくれたりと、トレーナーのような存在です。

トレーニングプランやワークアウトは235Jが充実

35J 235J
バーチャルペーサー
各種アラートトレーニング
トレーニングプラン
ワークアウト

さらに、トレーニングに関して続けると、235Jはアプリ上にトレーニングプランが用意されてたり、自分でインターバルなどのワークアウトを設定できたりと、かなり充実しています。

対して、35Jでは、仮想のランナー(ペーサー)と一緒に走る『バーチャルペーサー』が特徴。

バーチャルペーサーは、設定した速度より遅くなったら「遅延」、速くなったら「先行」と通知されるので、ペース走などに役立ちます。

35Jにもインターバル機能はありますが、235Jのインターバルは心拍数も基準に設定できるのに対し、35Jは距離ステップ数のみを基準にするものです。

活動量計はほぼ同じ

35J 235J
活動量計(ライフログ)
睡眠モニター

35Jと235Jは、ともに活動量計と睡眠モニター機能があります。

活動量計は、ステップ・ゴール・距離・消費カロリー・達成率・心拍などを表示。

睡眠モニターは、睡眠時間と睡眠中の動きを記録してくれます。

トレーニングだけでなく、日々の健康管理や、ダイエットにも最適です。

コネクトIQは35Jは非対応

35J 235J
バイブレーション通知
着信通知
ミュージックコントロール
コネクトIQ

35Jには、前15Jにはなかった機能がいくつも追加されていますが、バイブレーション通知もそのうちの一つです。

また、235Jで導入された最新機能、着信通知・ミュージックコントロールも、35Jに追加

ペアリングしたスマートフォンの着信やLINEなどのメッセージを知らせてくれます。

ただし、235Jで対応しているコネクトIQ(時計画面やアプリを変更・追加する機能)には、35Jは非対応です。

ガーミン35J/235Jはこんな人向け!

ForeAthlete35Jと235Jを比較してきましたが、

同じ光学式心拍センサー内蔵モデルと言っても、35Jと235Jではトレーニングメニューの充実度に明確な違いがあります。

なので、

  • 心拍数を把握しながらランニングできればOK
  • 多機能なランニングウォッチは使いこなす自信がない

という方には、ForeAthlete35Jがおすすめですし、

  • 心拍を活用しながら、トレーニングを計画・管理・実行したい
  • ランニングのモチベーション維持にランニングウォッチを活用したい

という方には、ForeAthlete235Jがおすすめです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

シンプルだけどなかなか優秀!ガーミンForeAthlete35Jレビュー
心拍計搭載のガーミンForeAthlete35Jを購入したので、愛用中の235Jと比較・レビューします! GPSの捕捉時間、心...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク