課題は液晶とBluetooth?ForeAthlete620Jの口コミ集|

【ガーミン】ForeAthlete620Jの口コミ集|課題は液晶とBluetooth?!

ガーミンForeAthlete(フォアアスリート)620Jの口コミ、レビューを集めました。

GPSの捕捉時間、タッチパネル等の操作性、Vo2MAX(最大酸素摂取量)やランニングダイナミクスの活用など、ユーザーの本音をまとめます!

スポンサーリンク

ガーミン620JのGPS捕捉時間は?精度は?

それまであったGPSランニングウォッチと比べ、衛星測位までの時間が大幅に短縮されたForeAthlete620J。

GPSの捕捉や精度について、ユーザーの声を集めました。

ForeAthlete620JのGPS捕捉時間が、とても速くてビックリ!速いときは5秒、平均20~30秒程度。すごい!

他の口コミ通り、精度の正確さと、GPSの捕捉の早さが良い。

以前使っていたFR610が衛星を受信しなくなったので、620Jを購入。FR610とは、比較にならないくらい衛星の受信が速いです。

ただ、最近の口コミにはこんなものも・・・

620Jでも十分早いと思ったが、235JのGPS捕捉時間は、想像以上

最新モデルの進歩はすごいです。

最大酸素摂取量&ランニングダイナミクスって必要?

GPSウォッチに初めてVo2MAX(最大酸素摂取量)とランニングダイナミクスを採用したガーミン。

みなさん、しっかり活用しているようです。

ケイデンス、上下動の値を参考に、トレーニングしています。トレーニングへの意識が変わったら、走るのがますます楽しくなりました。

初心者なので、ランニングフォーム作りのために、ランニングダイナミクスを活用しています。

レース後半でばてないように、上下動の少ない走りが出来るようフォームを改造中

※良いフォームとは、ピッチ=多、上下動=少、接地時間=短いとされます。

Vo2MAX(最大酸素摂取量)は体力の指標となり、モチベーション維持に貢献。

最大酸素摂取量を見るのが好きなので、225Jでなく620Jを購入。ハートレートモニターは慣れてしまえば、気にならなかった

620Jのリカバリーアドバイザーでけが予防

睡眠不足や体調不良のときに走ると、リカバリーアドバイザーの表示が3日とか3.5日とか表示される。いつもは時間単位なのに。

リカバリーアドバイザーは、前日の疲労を回復するのに必要な時間を示してくれるので、けが防止の観点から、できるだけ言うことを聞くようにしている。

リカバリーの目安として、参考にしている

でも、表示に従わなかったとしても、

リカバリーアドバイザーの指示通りにしなかったからと言って、特に警告を受けたりすることはない。

バーチャルパートナーでガーミン620Jを選ぶ人も!

皆さんは「ペース」を見て走りますか?

それとも「リアルペース」?

620Jでは、「バーチャルパートナー」機能を便利に使うという選択肢もあるようです。

下位モデルにはない、バーチャルパートナー機能を使いたくて、620Jを選択。下位モデルにも装備してほしい。

バーチャルパートナーは、設定したペースより早い、遅いが、直感的に分かるので走りやすいです。ペースメーカーと走っているような感覚があります。

※バーチャルパートナー・・・画面に自分&ペースメーカーの二人のシルエットが出て、ペースメーカーより遅いか、早いかが、視覚的に分かる機能。

ForeAthlete620Jの操作性、タッチパネルはどう?

初めてのGPSランニングウォッチですが、ディスプレーを見れば操作できるようになっています。簡単で使いやすい

タッチパネルは、触ってすぐ反応する静電気式パネルでなく、触って圧をかけると反応する感圧式パネル(DSも感圧式)なので、慣れるまで反応が鈍い気がする

想像より、タッチパネルはちゃんと動きます。

カラーディスプレーと画面の表示には課題あり?!

カラーの文字が見やすいです。

液晶は少し薄い感じ。ガーミンの公式ページにあるような、はっきりした色ではない。220Jの方がキレイ。

ナイトモードの自動ラップは、自動でバックライトが点灯して格好いい。

220Jは3項目までの表示だが、620Jは4項目まで表示されて使いやすい

文字の大きさ、表示についてはこんな意見も・・・

日本語の表示が小さく、見にくいと感じることがよくある。老眼には厳しい。

また、620J発売当初は、

日本語が消え、すべて英語表示になる不具合発生。。

という口コミもよくありましたが、今は、ソフトのバージョンアップで改善されました。

ForeAthlete620Jのバッテリーのもち具合は?

多才な機能が搭載されていると、重くなったりバッテリーを消費しやすくならないのでしょうか?

バッテリーもフルマラソンを走ったとしても全然もつ。

ウルトラマラソンで9時間使いましたが、バッテリーはギリギリもちました。

ガーミン620JのWi-Fiは好評!Bluetoothは?

Wi-Fiについては、かなり好評です。

登録したWi-Fiと接続すると、自動でデータをアップロードしてくれるので、楽。

帰宅後、「保存」を押すだけで、Wi-Fi経由で同期できる。

でも、Bluetoothでの接続については、こんな口コミも・・・

Bluetoothは、Galaxy(サムスン電子)は対応しているが、Xperia(ソニー)では使用できない

現状は、ガーミンの公式ページで確認できます↓↓

ページ中ほどの

  • Android
  • Apple
  • Windows 10 phone

をクリックして、ご確認ください。

※ForeAthlete620Jの表記はないので、英語版Forerunner620J参照。

⇒⇒ガーミンサポート-Bluetooth対応表

その他の口コミ

着けているのを忘れそうになるほど、軽い

1分ごとのラップを音とバイブで知らせてくれるのが、意外といい。

ハートレートモニターを着けなければ、使う機能は220Jとほぼ同じ。タッチパネルがある分、620Jの方が使いやすいか。

色々なワークアウトをダウンロードできるので、面白い!

ガーミン|ForeAthlete620Jの口コミまとめ

これらの口コミをまとめると

  • ランニングダイナミクスでフォームの改善が出来る
  • GPSの捕捉時間も飛躍的に短縮
  • バッテリーのもちも良い
  • 軽いので邪魔にならない
  • 液晶のカラーは薄さを感じる
  • タッチパネルは感圧式
  • Wi-Fi接続が便利
  • バーチャルパートナー機能も人気

920XTJユーザーは、ほとんどが中~上級者なのに対し、620Jはビギナーから上級者まで幅広く受け入れられています。

フォームを改善したい!
客観的に自分の走りをデータで分析したい!

という、ランナーにおすすめのGPSランニングウォッチです。

【追記】ForeAthlete620Jの上位モデル⇒630Jが、ついに発売です!!

ForeAthlete630Jの発売!

630J

ついに、ForeAthlete630Jが発売されました!

これまでなかった乳酸閾値を表示する機能が追加され、Bluetoothの対応モデルも増えました!

GPSの捕捉時間もさらに短縮したようだし、

ランニングダイナミクスも、表示項目が増えアドバンスに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク