【注意】ポラールM600は300回以上の充電で容量が低下?

2016年12月8日に発売されたポラールM600。

M600のユーザーマニュアルを見ていたら、充電について不安な記述を見つけてしまいました。

M400、M200とは全く異なる「スマートウォッチ」の発売に期待していただけに、衝撃的でした。。

スポンサーリンク

ポラールM600は充電300回以上で容量が低下?

まず、事の発端は、M600ユーザーマニュアルで見つけたこの文章↓

M600には、充電可能な電池が搭載されています。充電式電池の充電回数には限りがあります。電池を300回以上充電および放電すると、容量が著しく低下します。充電可能回数は、使用および動作状況によっても変化します。

M600ユーザーマニュアル M600の充電方法より

おや??

>電池を300回以上充電および放電すると、容量が著しく低下します。

とは??

以前、ポラールのカスタマーに電話した時、

「M600は、普通のランニングウォッチではなく、Apple watchと同じようなアプリで動くウェアラブル端末であること」

「M600は、スマートフォンと同期し続けてこそ、その真価を発揮すること」

と聞いたのだけど、

M600のバッテリーは、

  • トレーニング(GPS+心拍計ON)…8時間
  • Androidと同期…2日間
  • iphoneと同期…1日間

しかもたないのです。

…ということは、GPSと心拍計を使わなかったとしても、

iphoneユーザーは、300日で” 容量が著しく低下 ”

Androidユーザーは、600日で” 容量が著しく低下 ”

ということに!

もし、Androidユーザーが、GPSと心拍計をONにして、週に8時間使ったとしたら…

トレーニングだけでも一年間「約52回」充電する必要があり、

日々の充電と合わせると

約1年3か月で、” 容量が著しく低下 ”という状態になります。

【一年の充電回数】
365日÷2(回充電)+52回=234.5回

【300回充電までの日数】
365日+365日×65.5回÷234.5回=約467日

…あまりに電池の消耗が早すぎますね。

M600の販売ページを見ると、

「2年間のメーカー保証」

となっていますが、カッコ書きで

消耗品等を除く・国内正規店購入の領収書が必要です)

とあります。

電池は消耗品に含まれるのか、確認する必要があるようです。

≪追記≫ポラールジャパンに問い合わせたところ、

「状況にはよると思いますが、電池も2年保障の対象です。」

とのこと。…とりあえず、安心しました。

購入した際は、必ず領収書を保管しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク