ガーミン745で後悔しない人は5.9%のみ?945、645、245と比較

Garmin(ガーミン)が、スマートウォッチ機能搭載のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 745」を発売しました。

出典:GARMIN

色はBlack、Whitestone、Neo Tropic、Magma Redの4色。

そこで、本当にForeAthlete 745を買う意味があるのか、同じシリーズのForeAthlete 945、645、245と比較して思ったことを、率直に書いていきます。

スポンサーリンク

後悔しないのはランナーの5.9%かもしれない…

では、ガーミン745は他のForeAthleteと何が違うのでしょうか?

最大の進化はSuica対応になったこと

ForeAthlete745は、シリーズで初めてSuicaに対応しました。

Garmin Pay対応のForeAthlete 945、645では、Suicaを登録できないので注意が必要です。

デイリースマート機能については、カレンダー天気予報着信通知は全機種可能。

Android のみ、テキスト応答テキストによる電話拒否ができるのも、これまでと変わりません。

FA 745FA 945FA 645FA 245
Suica対応×××
Garmin Pay×
接続Bluetooth
ANT+
Wi-Fi
Bluetooth
ANT+
Wi-Fi
Bluetooth
ANT+
Wi-Fi
Bluetooth
ANT+
互換性iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
通知機能
内蔵メモリ200時間分200時間分200時間分200時間分

マルチスポーツ対応+トラックラン機能追加

様々なワークアウトに対応しているForeAthlete 745ですが、新ワークアウト「トラックラン」が追加され、トラックでの計測がより高精度になりました。

しかし、ForeAthlete 745はあくまでも、マルチスポーツトライアスロン愛好者のためのGPSウォッチ。

ロードランナーであれば、ForeAthlete 645や245でも十分だと思います。

日本のランナー人口964万人のうち、トライアスロンの愛好者は約37.5万人、トレイルランの愛好者は約20万人。

つまり、ランナーの約5.9%の人におすすめのウォッチなのです。

FA 745FA 945FA 645FA 245
自動マルチスポーツ××
トレイルランオートクライム××
ランニング
トラックラン×××
プールスイム
オープンスイム××
サイクリング
ゴルフ××
登山×××
スキー/スノーボード×
  • 自動マルチスポーツ機能とは…ブリックトレーニングやデュアスロン/トライアスロンレースの場合、ボタンを1度押すだけで種目を切り替えることができる機能
  • トレイルランオートクライムとは… 高度の上昇を検出し、登坂と平坦で表示するページを自動的に切り替える機能

では、Suicaおよびマルチスポーツ対応の他に、ForeAthlete 745を選ぶ意味はあるのでしょうか?

その他の主な機能について紹介、比較します。

ランニングダイナミクスでフォームを改善

ForeAthlete 745には、 体の上下動地面との接地時間左右のバランスなどを測定する機能があります。

別売りのアクセサリ(ランニングダイナミクスポットなど)を併用する必要はありますが、ランニングフォームを見直すことができる面白い機能です。

しかし、これらのランニングダイナミクス機能は他のモデルにも搭載されています。

また、ForeAthlete 745と945には、おすすめワークアウトの提供機能があります。

最近は各社ともワークアウトの提供に力を入れていますが、ForeAthlete 745でもパーソナライズされたランニングとサイクリングのワークアウトを表示します。

この機能はForeAthlete 645、245にはない機能です。

FA 745FA 945FA 645FA 245
ピッチ
VO2Max
トレーニング効果
リカバリータイム
レース予想タイム
ランニングダイナミクス〇※〇※ 〇※ 〇※
上下動と上下動比〇※〇※ 〇※ 〇※
設置時間とバランス〇※ 〇※ 〇※〇※
おすすめワークアウトの提供××
プリロードされた地形図×××
地図のダウンロード機能×××
  • VO2Max…最大酸素摂取量
  • トレーニング効果… 有酸素と無酸素閾値からトレーニングの効果を数値化
  • リカバリータイム…次のトレーニングまでに必要な休息時間

大きさや解像度は変化なし

重さやサイズ、レンズ素材など若干の違いはありますが、シリーズでは大きな変化はありません。

レンズ素材のゴリラガラスは、米国に本社をおくコーニングが製造、販売する強化ガラスのブランド名です。

FA 745FA 945FA 645FA 245
画面サイズ直径30.4 mm直径30.4 mm直径30.4 mm直径30.4 mm
ディスプレイ半透過型MIP半透過型MIP 半透過型MIP 半透過型MIP
解像度240 x 240240 x 240240 x 240240 x 240
重量47 g50 g42.2 g38.5 g
サイズ43.8 x 43.8 x 13.3mm47 x 47 x 13.7mm 42.5 x 42.5 x 13.5mm42.3 x 42.3 x 12.2mm
レンズ素材ゴリラガラスDXゴリラガラスDX化学強化ガラスゴリラガラス 3
ストラップシリコンシリコンシリコンシリコン

GPSなどのセンサーと稼働時間

ForeAthlete 745の稼働時間は、 645より2時間長くなりましたが、245より短くなっています(GPSモード)。

なお、ForeAthlete 245と645には、通常モデルの他にmusicモデルがあり、表中の「GPS+音楽モード」は、musicモデルのみの目安です。

FA 745FA 945FA 645FA 245
GPSGPS
GLONASS
みちびき
Galileo
GPS
GLONASS
みちびき
Galileo
GPS
GLONASS
みちびき
GPS
GLONASS
みちびき
Galileo
スマートウォッチモード約7日間
最大14日間最大7日間最大7日間
GPSモード約16時間 約32時間 最大14時間 最大22時間
GPS+音楽モード約6時間 約10時間 最大5時間
(musicモデルのみ)
最大6時間
(musicモデルのみ)
ウルトラトラックモード21時間50時間35時間24時間
光学式心拍計
気圧高度計×
コンパス×
ジャイロセンサー×
温度計×
  • ウルトラトラックモード…GPSデータを1分に1回の更新にすることで、稼働時間を大きく伸ばす機能。ウルトラマラソンなど長時間走るときに重宝する。

音楽ダウンロードは500曲

ガーミンの音楽操作ページ(245music)

音楽ダウンロード可能曲数は、ForeAthlete 945のみ1000曲と突出しています。

ForeAthlete 245と645 のmusicモデルは500曲保存可能ですが、通常モデルは音楽をダウンロードすることはできません。

FA 745FA 945FA 645FA 245
音楽保存曲数500曲1000曲500曲
(musicモデルのみ)
500曲
(musicモデルのみ)
音楽プレーヤー
(musicモデルのみ)

(musicモデルのみ)
スマートフォン操作

呼吸速度の計測が可能に

ForeAthlete 745の新機能の一つが、呼吸速度の計測です。1日を通した呼吸数(睡眠中含む)を追跡可能になりました。

呼吸回数は「吸って吐く」を1回と数え、 標準は呼吸回数 12〜18回 / 分(成人)と言われています。

FA 745FA 945FA 645FA 245
ステップ数
消費カロリー
移動距離
ムーブバー
睡眠モニタリング
週間運動量
ストレスレベル計測
呼吸速度 (全日および睡眠中)×××

まとめ

ForeAthlete 745が発売されたので、同シリーズ945、645、245と比較をしてみました。

745をおすすめする方は、

  • ForeAthlete 945ほどの機能はいらないが、マルチスポーツやトレイルラン対応のモデルが欲しい
  • ForeAthleteシリーズでSuica対応モデルがいい
  • 高精度のトラック計測は外せない
  • 日常の呼吸速度を計測したい

というランナーさんです。

後悔しないランニングウォッチ選びの一助になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました