女性に評判のGPSランニングウォッチ14を徹底比較

GPSランニングウォッチをつけてランニングしている人も、以前に比べるとかなり多くなりました。

走った距離やルート、時間などがわかるのはとても便利ですし、モチベーションにもつながります。

しかし、ランニングウォッチは、どんどん進化していて種類もかなり増え、購入を考えている人にとっては悩みどころです。

そこで今回は、

2020下期現在、女性おすすめするGPSランニングウォッチ、14モデルを比較してみました。

スポンサーリンク

女性におすすめのGPSランニングウォッチ

ガーミン(GARMIN) VENU

VENUの特徴は、AMOLED搭載で明るく鮮明なディスプレイです。ランニング以外にも20 種類の室内外での、スイムやヨガ、サイクリングといったエクササイズモードが搭載されています。

また12 種類の動画ワークアウトが内蔵されていて、ウォッチで動画を見ながらのトレーニングも可能です。

他にも女性にとっては嬉しい機能、生理周期トラッキング機能も搭載。他にも睡眠解析や追跡機能など多彩な機能が搭載されています。

245music同様、500曲ダウンロードでき、ウォッチのみで音楽を楽しむこともできます。

ランニング中の音楽に加え、自宅でのアクティビティやトレーニングを楽しみたい方におすすめです。

サイズ/重量 43.2 x 43.2 x 12.4 mm/46.3 g 
解像度390 x 390 ピクセル
カスタマイズ
防水5 ATM
稼働時間スマートウォッチモード:最大5日間
GPS+音楽モード:最大6時間
衛星測位GPS/GLONASS/みちびき/Galileo
心拍計測

ガーミン(GARMIN)  vívoactive 4S

ふたつのサイズから選べるvívoactive 4S。VENUと同時発売されたモデルで、スペックも大変似ていますが、 vívoactive 4S の方が液晶の解像度が低い分、安くなっています。

ランニング以外にもウォーキングやサイクリング、スイムなど多彩なエクササイズに対応し、音楽もウォッチに保存も可能。

健康モニタリングやライフログ機能、動画ワークアウトなども搭載。ディスプレイは太陽光でもとても見やすいMIPなので、ランニング中の操作もしやすいです。

ストレスや生理周期などさまざまなヘルスモニタリングも搭載されていて、毎日の健康をチェックすることができます。

リーズナブルに動画ワークアウトつきのウォッチを楽しみたい人におすすめです。

サイズ/重量 40.0 x 40.0 x 12.7 mm/40.0 g
解像度vívoactive 4S:218 x 218 ピクセル
カスタマイズ
防水5 ATM
稼働時間スマートウォッチモード:最大5日間
GPS + 音楽モード:5時間
衛星測位GPS/GLONASS/みちびき/Galileo
心拍計測

ガーミン(GARMIN)  245music

ガーミン245musicの魅力は、ウォッチでお気に入りの音楽が楽しめるところ。お好きな曲をダウンロードし、ウォッチで再生することができます。

の魅力は、ウォッチでお気に入りの音楽が楽しめるところ。お好きな曲をダウンロードし、ウォッチで再生することができます。

ランニングのストライドやフォームなどを解析するランニングダイナミクス機能も搭載。Garmin Coachではトレーニングプランも提示してくれます。

またストレスや睡眠をモニタリングする機能も搭載。毎日のアクティビティに役立ちます。

GPSと音楽を同時に使っても最大6時間という長持ちのバッテリー。音楽とともにランニングしている人にとって安心のウォッチです。

プレーヤーやスマートフォンを持たなくても、音楽を楽しみたい人におすすめです。

サイズ/重量 42.3×42.3×12.2mm/38.5 g
解像度240 x 240 ピクセル
カスタマイズ
防水スイム、5 ATM
稼働時間スマートウォッチモード:最大7日間
GPS+音楽モード:最大6時間
GPS+音楽なし:最大22時間
衛星測位GPS/みちびき/GLONASS/Galileo
4測位システム対応(アシストGPS対応)
心拍計測

ポラール(Polar)  ignite

豊富なエクササイズデータの中から、その日のコンディションにあったアクティビティを提示してくれるignite。

毎日変わるメニューから、筋トレや心拍系メニューを選択し実行するだけでマンネリから抜け出すことができます。

また、進化した睡眠機能も特徴で、より詳細な睡眠解析が可能。

軽量かつシンプルなデザインからは想像がつかないほど、面白いランニングウォッチです。

シーンに合わせて、ストラップの交換もできます。

自分に合ったトレーニングが知りたい、マンネリ化した練習から抜け出したい人におすすめです。

サイズ/重量 43 x 43 x 8.5 mm/35 g
解像度240×204ピクセル
カスタマイズアナログとデジタルの選択のみ
防水WR30
稼働時間トレーニングモード:17時間
ウォッチモード:5日間
衛星測位GPS/GLONASS 
心拍計測

ガーミン(GARMIN)  ForeAthlete 45S

GPSモードでも最大11時間という長持ちのバッテリーが特徴のForeAthlete 45/45S。

サイズはふたつから選ぶことができますが、女性には45Sがおすすめ。

24時間着用することで、毎日の消費カロリーや睡眠、心拍数もモニタリング。

ウォッチのみで音楽を聴くことはできませんが、スマートフォンの音楽プレーヤーを操作することは可能です。

他のモデルと比較するとシンプルで扱いやすいです。

ランニングと心拍計測機能、活動量計があれば充分という人におすすめです。初めてのランニングウォッチにも◎

サイズ/重量 39.5 x 39.5 x 11.4 mm /32 g
解像度208 x 208 ピクセル
カスタマイズ
防水5 ATM
稼働時間スマートウォッチモード:最大7日間
GPS モード:最大11時間
衛星測位GPS/GLONASS/みちびき/Galileo
心拍計測

ガーミン(GARMIN)  Approach S62

Approach S62は、ランニング等のエクササイズに対応する、最先端のゴルフウォッチです。

全世界約41,000以上のゴルフコースが搭載されています。

半透過型のフルカラータッチスクリーンは太陽光の下でも見やすく、GPSモードでは最大20時間という長持ちのバッテリー。

高低差や風速なども表示されます。

ワンタッチでバンドが交換できるQuickfitウォッチバンドなので、シーンに合わせて楽しむこともできます。

ランニングもゴルフを楽しむ人におすすめ。

サイズ/重量 47 x 47 x 14.8 mm/61 g
解像度260 x 260 ピクセル
カスタマイズ
防水5 ATM
稼働時間ゴルフモード:最大20時間
スマートウォッチモード:最大14日間
衛星測位GPS /みちびき/GLONASS
心拍計測

ポラール(Polar) Grit X

アップダウンの状況を自動判別するHill Splitter™や、栄養補給リマインダー、ルートナビゲーションなどが搭載されています。

心拍数は一日を通して計測できます。毎日のアクティビティや消費カロリーなどを正確に把握、睡眠ステージを細かく追跡することもできます。

手首式ランニングパワーでは外部からの負荷などもモニタリング。目標に合わせたトレーニングプランも表示します。

ルート上でナビゲーション機能が使えたり、リアルタイムで正確な道を表示する機能もあります。2日後までの天気予報をウォッチで確認することも可能です。

ランニングに加え、トレッキングやトレイルランニングなどをしている人におすすめです。

サイズ/重量 47 x 47 x 13 mm / 64g
解像度240 x 240ピクセル
カスタマイズアナログとデジタルの選択のみ
防水WR100
稼働時間トレーニングモード:最大40時間
ウォッチモード:最高7日間
衛星測位GPS/GLONASS/みちびき/Galileo
心拍計測

アップル(Apple) Apple Watch Series 3 GPSモデル

コンパスや転倒検出などの機能はありませんが、遜色ない機能が備わっています。

Series 6や Series 5よりもリーズナブルなSeries 3。

ワークアウトの測定は小数点以下まで表示。Apple Musicで6,000万以上の曲をストリーミングできます。

手首で心拍計測も可能。

重量はケースの素材によってまでそれぞれ4種類あります。

よりリーズナブルに Apple Watch でランニングを楽しみたい人におすすめです。

サイズ/重量 42mm:32.3g~52.8g
38mm:26.7g~42.4g
解像度42mm:312 x 390ピクセル
38mm:272 x 340ピクセル
カスタマイズ
防水50メートル
稼働時間18時間
衛星測位 GPS/GLONASS/みちびき/Galileo
心拍計測

HUAWEI WATCH GT2 (42 mm)

ランニングだけでなく、オープンスイムや登山のログなども記録します。

ジャイロセンサー、気圧センサーなどを搭載しているので、幅広いスポーツに対応するGT2。

心拍は1秒ごとに計測、眠りの質も詳細に記録します。

有酸素/無酸素のトレーニング効果や回復に必要な時間を表示するなど、ランニングウォッチとしての機能をしっかり果たしてくれます。

サイズ/重量 41.8 x 41.8 x 9.4 mm / 29 g
解像度390 x 390ピクセル
カスタマイズ
防水5ATM
稼働時間通常使用:約1週間
GPS連続使用:約15時間
衛星測位GPS/GLONASS/Galileo
心拍計測

HUAWEI Band 4 Pro

屋内外でのさまざまなスポーツのアクティビティを複数のスポーツモードにより記録。

屋内外でのランニングやサイクリング、スイムや自由訓練など、さまざまなスポーツモードが搭載されています。

トレーニング効果や回復までの時間などのガイダンスも表示されます。

心拍数も24時間計測可能。睡眠の質などもモニタリングしてくれます。

メッセージや通話の確認は手首を上げるだけ。ディスプレイを操作するだけで、音楽の再生やリモート撮影などもできます。

サイズ/重量 45×19×11 mm/25 g(ストラップ含む)
解像度240 × 120 ピクセル
カスタマイズ
防水5ATM
稼働時間通常使用:約12日
GPS使用時:約7時間
衛星測位GPS
心拍計測

Fitbit Charge4

24時間心拍数を記録。毎日の消費カロリーや睡眠記録などもダッシュボードに表示されます。

スマートフォンの通知を表示して、メッセージの確認も可能です。

Spotifyアプリも搭載されているので、会員であればウォッチで音楽の操作もできます。

なお、Fitbit Payでお支払いも可能ですが、2020年10月現在はソニー銀行が発行するVisaデビット付きのキャッシュカード「Sony Bank WALLET」のみが利用可能です。

サイズ22.7×35.8×12.5mm
解像度高解像度
カスタマイズ文字盤のみ可能
防水5ATM
稼働時間最大7日間
GPS使用時:最大5時間
衛星測位GPS
心拍計測

TicWatch S2

米軍用グレードの耐久性で、ショックや温度、水などにも対応。さまざまなアウトドアシーンで活躍します。

特に水泳の計測には力を入れており、ストロークを自動識別し、ラップ・時間・距離・速度などを自動測定します。

TicWatch S2は「Wear OS by Google」を搭載しているため、Google ストアへのアクセスやアプリのダウンロードなども可能。

メールやテキストなどの確認もウォッチのみでOKです。

サイズ/重量 46.6 x 51.8 x 12.9mm/52.7g
解像度400 x 400ピクセル
カスタマイズ
防水5 ATM
稼働時間最長2日間
衛星測位GPS/GLONASS/Beidou
心拍計測

番外編

ここからは、内蔵GPSではありませんが、スマートフォンと接続して計測する「コネストGPS」を利用したウォッチを紹介します。

SUUNTO 3

SUUNTOはフィンランド製で高性能なブランド。毎日24時間の活動や睡眠を記録し、ストレスや回復なども提示されます。

3つのモードから選べるアダプティブトレーニングガイドを搭載。それぞれのエクササイズに最も適したプランが作成されます。

手首でのケイデンス測定により、屋内外でのトレーニングにおいて速度と距離を計測。30m防水により水泳もOKです。

最新のSuunto Appを使うことで、より正確で幅広いデータを確認。スマートフォンのGPSとつなぐことで、ルートの追跡もできます。

サイズ/重量43mm×43mm×14.3mm /36g
解像度218 x 218ピクセル
カスタマイズ
防水30m/3気圧
稼働時間タイムモード:最大10日間
GPS使用モード: 最大30時間
(コネクテッドGPS使用時)
衛星測位コネクテッドGPS
心拍計測

GARMIN(ガーミン) vivomove 3S

GARMIN(ガーミン) vivomove 3Sはアナログ時計同様、針のあるデザインが特徴のハイブリッドスマートウォッチです 。

タッチスクリーンのデジタルディスプレイが必要な時だけ表示され、メールやテキストなどもアラート受信。Suicaにも対応しています。

Body Batteryエネルギーモニタリングでは、睡眠や心拍、ストレスや生理周期も確認。水分補給の追跡もしてくれます。

スマートフォンのGPSに接続することで、ランニング時の追跡も正確に記録。ほかにもヨガや筋トレ、スイミングといったアクティビティプロフィールも搭載されています。

サイズ/重量 44 x 44 x 11.3 mm/46.1g
解像度64 x 132 ピクセル
カスタマイズ×
防水5 ATM
稼働時間Smartモード:最大4日間
時計モード:最大7日間
衛星測位コネクテッドGPS
心拍計測

普段は普通の腕時計のようにウォッチを使いたい人におすすめです。

まとめ

女性におすすめのGPSランニングウォッチ14選を徹底比較してみました。

全体的にバッテリー容量が増え、軽量化されています。高機能のもの、シンプルなもの、軽いものなど、比較してみると違いが良くわかります。

心拍計測やGPSも当たり前になり、ウォッチのみでできることも格段に多くなりました。

パフォーマンスを向上させるためにも、あなたにとって最高のウォッチを探してください。

タイトルとURLをコピーしました