TicWatchの最新モデルを21項目で徹底比較!

Mobvoi「TicWatch」シリーズは、Google Wear OS搭載のスマートウォッチの中でも、人気が高く、機種も充実しています。

そこで、今回は以下の4機種の機能・スペックを比較していきます。

  • 最も人気のあるハイスペックTicWatch Pro 2020
  • 2019年に複数のデザイン賞を受賞したTicWatch C2
  • アウトドアスポーツ対応のTicWatch S2
  • 最もリーズナブルなTicWatch E2

なお、いずれのモデルも

  • 心拍計測
  • ジョギングルートの追跡
  • 睡眠追跡

は可能です。(衛星システムには違いがあります)

それでは、 TicWatch Pro 2020の機能・スペックから紹介します。

スポンサーリンク

1GBにパワーアップ!人気のTicWatch Pro 2020

サイズD45mm x 12.6mm
重さ58.5g(ストラップを含まない)
素材ポリアミド&ガラス繊維
ステンレス鋼ベゼル
ディスプレイ1.39” AMOLED 400 X 400 + FSTN ディスプレイ
ストラップ22mm (本革+シリコン)
防水防塵IP68
メモリRAM: 1GB /ストレージ: 4GB
通信方式Bluetooth: 4.2
Wi-Fi: 802.nbgn 2.4GHz
電池容量415mAH
バッテリー稼働時間スマートモード:2日
エッセンシャルモード:30日
混合使用:5~30日
衛星システムGPS/ A-GPS
心拍センサー〇(PPG心拍センサー)
加速度センサー
ジャイロスコープ
磁気センサー
アンビエントライトセンサー
低遅延オフボディ検出センサー
睡眠トラッキング
スピーカー
バイブレーション
NFC決済

TicWatch Pro 2020は、TicWatch Proのバージョンアップモデル。RAMが1GBにアップデートされ、耐久性も軍事規格の「Corning® Gorilla® Glass 3」が搭載されました。

厚さは4シリーズのなかで一番薄い12.6mm。重量は一番重い58.5gで、解像度は400×400ピクセル。ディスプレイは2層構造。

4つのシリーズの中で、スピーカーが搭載されているのはこのTicWatch Pro 2020のみ。スマートフォンへの着信や通話ができます。

また、搭載されているセンサーの種類は、4機種の中で最も多く、

LEDライトにより心拍数を計測する「 PPG心拍センサー」は他の3モデルに搭載された心拍センサーより高精度な計測が期待できます。

Wear OS by Googleが搭載されていても、バッテリー寿命はスマートモードで2日間、エッセンシャルモードでは30日間と、寿命が長いのも魅力の一つです。

メインは普段使い、時々ウォーキングやジョギングをGPSで追跡・記録するという方におすすめです。

クラシックなデザインで差別化!TicWatch C2

サイズD42.8mmx12.7mm
重さOnyx/Platinum: 42g / Rose gold: 40.2g
(ストラップを含まない)
素材ステンレス鋼(正面)
ディスプレイ1.3” AMOLED 360 x 360 px 
ストラップ20mm/18mm 本革材質(交換可能)
防水防塵IP68
メモリRAM: 512M /ストレージ: 4GB
通信方式Bluetooth v4.1, WiFi 802.11 b/g/n
電池容量400mAh(最長2日間のバッテリー寿命)
バッテリー稼働時間36 時間
衛星システムGPS + GLONASS + 北斗
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
磁気センサー
アンビエントライトセンサー
低遅延オフボディ検出センサー
睡眠トラッキング
スピーカー
バイブレーション
NFC決済

TicWatch C2は、4機種の中で一番小さく軽量。 強度のステンレス銅に本革のストラップを採用しています。

ウォッチバンドは20mmと18mmの2種類があり、本革材質で交換可能。カラーは20mmが瑪瑙色とプラチナ色の2色、18mmはローズゴールドとなっています。

解像度は360 x 360 ピクセルで、防水防塵はTicWatch Pro 2020と同じIP68。シャワー程度では全く問題ありません。

なお、シンプルでクラシカルなデザインが評価され、2019年iFデザイン賞、2019年レッド・ドット・デザイン賞を受賞しています。

女性向け、プレゼントにもおすすめです。

TicWatch S2

サイズ46.6mm x 51.8mm x 12.9mm
重さ52.7g(ストラップを含まない)
素材ポリカーボネート
ディスプレイ1.39″ AMOLED (400 x 400 px) 
ストラップ22mm シリコーン(取替可能)
防水防塵5ATM防水
メモリRAM: 512M /ストレージ: 4GB
通信方式Bluetooth v4.1, WiFi 802.11 b/g/n
電池容量415mAh (最長2日間のバッテリー)
バッテリー稼働時間最大48 時間
衛星システムGPS + GLONASS + Beidou
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
磁気センサー
アンビエントライトセンサー
低遅延オフボディ検出センサー
睡眠トラッキング
スピーカー
バイブレーション
NFC決済

TicWatch S2の「S」は「sports」のSです。高スペックでありながら、コスパがいいのが特徴で、「MIL-STD-810認証」と「防水5ATM」を兼ね備えたタフな時計です。

  • MIL-STD-810認証=米国防衛装備品のための温度、湿度、高度、振動、衝撃、耐水などの過酷な環境条件をクリア
  • 5気圧防水=水深50mまでの水圧(静止状態)に耐える

過酷な状況でのフィットネスにも安心です。

カラーは白と黒、解像度は400×400ピクセル、有機ELディスプレイを搭載。ストラップはシリコーン製で交換可能です。

TicWatch E2

サイズ46.9mm x 52.2mm x 12.9mm
重さ48.5g(ストラップを含まない)
素材ポリカーボネート
ディスプレイ1.4” OLED display, 400×400, 287dpi
ストラップ22mm シリコーン(取替可能)
防水防塵5ATM防水
メモリRAM:512M /ストレージ: 4GB
通信方式Bluetooth
電池容量415mAh
バッテリー稼働時間48 時間
衛星システムGPS + GLONASS + Beidou
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
磁気センサー
アンビエントライトセンサー
低遅延オフボディ検出センサー
睡眠トラッキング
スピーカー
バイブレーション
NFC決済

TicWatch E2は、機能面ではS2とほぼ同じですが、価格はS2よりリーズナブルに設定されています。

その差は、アメリカ軍用レベルの耐久性 (MIL-STD-810認証) があるかどうか。

防水性能はS2と同じ「防水5ATM」なので、プールでの使用は十分対応可能です。

解像度は400×400ピクセル。6つのスポーツモードが内蔵されていて、フィットネスを正確に記録してくれます。

カラーはブラックで、シンプルなデザインも人気のひとつ。ストラップはシリコーンで交換可能です。

なお、S2の「sports」に対して、E2の「E」はExpressからきています。

Google Wear OS搭載モデルのスポーツウォッチを検討されている方には、S2かE2がおすすめです。

なお、TicWatch S2およびTicWatch E2には、 動きを検知して自動でパフォーマンスを記録してくれる「TicMotion」が搭載されていますが、Pro 2020、C2にはTicMotionの有無が不明のため比較から除外してあります。

タイトルとURLをコピーしました