GPSランニングウォッチ.comのGPS腕時計「比較項目」

GPSランニングウォッチ.comでは、GPS腕時計を14項目で比較しています。

スポンサーリンク

GPSランニングウォッチ14の比較項目

1)みちびき対応

日本の準衛星みちびきに対応していると、衛星データがより正確です。

2)自動停止(オートポーズ)

信号待ち等で止まると計測を自動でストップしてくれます。ボタン操作不要。

3)自動ラップ

設定した距離で自動でラップを表示、記録してくれます。ボタン操作不要。

4)心拍計内蔵

光学式センサー内蔵で、腕時計のみで脈拍計測ができます。

5)心拍計胸バンド

別売りハートレートモニター(センサー)を胸の下あたりに固定して、心拍計測ができます。

6)加速度センサー

別売りフットポットを靴につけなくても、トンネルや屋内で距離等の計測ができます。

7)標高表示

GPSランニングウォッチ本体に、標高を表示できます。

(管理サイトのみで表示されるものは除いています。)

8)バイブレーション

バイブレーション機能で、音楽を聴いているなどでも確実に情報を伝えます。

9)タッチパネル/タップセンサー

走行中でも、画面タッチで操作/表示が簡単にできます。

10)スイム対応

水泳の距離、ストローク数のカウントができます。

11)サイズ
12)重量
13)防水機能
14)動作時間

※  5)の心拍計胸バンド対応のGPSランニングウォッチは、別のメーカーの手首用心拍計と対応するモデルもありますが、

GPSランニングウォッチ.comでは、あくまで純正のハートレートモニター(センサー)での心拍計測について比較しています。

シェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク