GPSランニングウォッチ.comのGPS腕時計「比較項目」

 

GPSランニングウォッチ.comでは、GPS腕時計を22項目で比較しています。

ご自身のランニングスタイルに必要な項目を明確にすると、時計選びが楽しくなります。

GPSランニングウォッチ22の比較項目

1)みちびき対応

日本の準衛星みちびきに対応していると、GPS単体の時に比べて電波状況が悪い環境でも測位しやすくなります。

2)GLONASS対応

ロシアの衛星GLONASSに対応していると、GPS単体の時に比べて電波状況が悪い環境でも測位しやすくなります。

3)自動停止(オートポーズ)・自動ラップ

自動停止…信号待ち等で止まると計測を自動でストップしてくれます。ボタン操作不要。

自動ラップ…設定した距離で自動でラップを表示、記録してくれます。ボタン操作不要。

4)リスト型心拍計内蔵

光学式センサー内蔵で、腕時計のみで脈拍計測ができます。

5)心拍計胸ベルト

別売りハートレートモニター(センサー)を胸の下あたりに固定して、心拍計測ができます。

6)VO2max(最大酸素摂取量)

1分間に体重1kgあたり取り込むことができる酸素の量(ml/kg/分)。

全身持久力の指標となります。

7)バイブレーション

バイブレーション機能で、音楽を聴いているなどでも確実に情報を伝えます。

8)タッチ操作

走行中でも、画面タッチで操作/表示が簡単にできます。

9)加速度計

別売りフットポットを靴につけなくても、トンネルや屋内で距離等の計測ができます。

10)気圧高度計

気圧と高度(標高)を表示します。

11)電子コンパス

GPSに頼らず正確な方角を表示します。

12)活動量計

歩行、デスクワーク、家事、睡眠など、さまざまな活動を測定し、1日の総消費カロリーを計算します。アクティブトラッカーとも言います。

13)マルチスポーツ

ウォーキング、ランニングだけでなく、様々なスポーツに対応しています。時計により対応するスポーツは様々なので、要確認。(例:トレイルラン、バイク、スイム、トライアスロン、登山、クライミング、スキー、スノーボード、インドアトレーニングなど)

14)上下動/左右バランス

体の上下への振れ幅や、左右の接地時間をデータ化します。ランニングフォームの改善に役立ちます。

15)スマホ通知

スマートフォンに着信やテキストメッセージがあった場合、時計が知らせてくれます。テキストメッセージについては、本文を表示するもの、メッセージがありますと通知するものがあります。

16)スマホ音楽再生

時計でスマートフォンの音楽を操作できます。

17)音楽保存

時計に音楽を保存できます。Bluetooth対応のイヤホンを使えば、スマートフォンを携帯しなくても音楽を楽しめます。

18)電子ウォレット

コンビニなどで時計をかざすだけで支払いができます。

19)動作時間

メーカーの公開している稼働時間を比較しています。

20)サイズ、重量、防水機能

メーカーの公開している情報を比較しています。