【人気】Polar Grit Xの新機能|Vantage V, Mとの違いは何?

ポラール・エレクトロ・ジャパンが、GPS搭載アウトドアマルチスポーツウォッチ「Polar Grit X」を発売。

ウルトラマラソンや登山、マウンテンバイク、トレイルランニングといった長時間のスポーツにお勧めのモデルなのですが、Vantage VやVantage Mとの違いがよく分からなかったので、調べてみました。

それでは Polar Grit Xの機能やスペックをみていきましょう。

スポンサーリンク

Polar Grit Xの新機能

Polar Grit Xの特徴的な新機能は3つあります。

これら3つは、既存の高機能ウォッチVantage V、Vantage Mには搭載されていない機能です。

「Hill Splitter™」で上昇と下降を計測

Polar Grit Xの新機能の1つ目は、「Hill Splitter™」です。

Hill Splitter™は、内蔵の高度気圧計で道のアップダウンを自動判断し、上り坂・下り坂、それぞれにおいてのスピードや時間などを表示。

コンパスも内蔵しているので、トレイルランニングなど坂道の多いアクティビティの際に活躍してくれます。

なお、Vantage V、Vantage Mにはコンパスも搭載されていません。

栄養補給リマインダー

新機能2つ目は、「FuelWise™」という機能です。

FuelWise™は、長時間のトレーニングやレースにおいてエネルギーが必要になったとき、アラートで知らせてくれる機能です。

同時に水分量についても自分の間隔で登録ができるので、ハンガーノックや熱中症対策にも効果的です。

ルートを計画、ターンバイターンナビゲーションが可能に

新機能3つ目は、事前に作成したルート上で可能になったターンバイターン ナビゲーション機能※です。

ターンバイターンナビゲーションとは、カーナビゲーションシステムなどで、交差点や分岐にさしかかったとき、目的地に向かうほうの道を音声や矢印で示す方式で、

ドイツのルート作成アプリ「komoot」(一部有料)でルートを作成し、Polar Grit Xと同期すると、「30メートル先を右折」など、進路変更までの距離と方向が示されます。

なお、komootのナビゲーションとは別に、これまで通りのルートガイダンス機能※もあります。

通常のルートガイダンス

※ルートガイダンス機能・・・ゴールへの方向や距離などが表示される。ターンバイターン ナビゲーション非対応。

Polar Grit Xのスペックと機能

上記3つの新機能の他にもPolar Grit Xには多くの機能がありますので、スペックと合わせて紹介します。

Grit Xのリストバンドは3種類。ブラックとグリーンがM/L(手首周り 145~215 mm )、ホワイトがS:(手首周り 130~190 mm)と長さが異なります。

サイズとバッテリー

サイズ47 x 47 x 13 mm
重さ44g (リストバンドを除く)
ディスプレイサイズ 1.2”、解像度 240 x 240
バッテリートレーニングモード:最大40時間
ウォッチモード:最大1週間
衛星測位GPS+GLONASS
GPS+Galileo
GPS+みちびき

ミリタリー基準の耐性

Polar Grit Xは、激しい温度変化や落下の衝撃、湿度など、米国国防総省の基準である「MIL-STD-810G」テストをクリアした耐性を備えています。

防水性もWR100(100m防水)と高く、あらゆる環境で使用可能です。

Polar Grit Xは心拍センサーも、動きによる誤検知を抑える新開発の「Precision Prime™ 心拍センサーテクノロジー」を採用。

3色のLEDを計10個内蔵し、厳しい条件下でも、高精度な心拍計測が可能になりました。

ランニングプログラム

ランニングプログラムでは、個々のコンディションに合わせて、マラソン用のトレーニングを設定できます。設定できるマラソンの種類は、

  • 5キロ
  • 10キロ
  • ハーフマラソン
  • フルマラソン

Polar Flow(アプリケーション)の開き、トレーニング頻度、可能な時間、トレーニングを完了する日など、いくつかの項目を入力し、Grit Xと同期し設定完了です。

ディスプレイにトレーニング方法が表示されるため、迷うことなくプランを遂行することが可能です。

ランニングインデックス

また、ランニングを終えると最大酸素摂取量(VO2max)やトレーニング負荷レベルを推定。

トレーニング負荷レベルは、心臓血管系への負荷レベル「カーディオ負荷」と、筋肉の疲労度を示す「筋肉への負荷」をそれぞれ分析します。

さらに、エネルギー使用量は、炭水化物、たんぱく質、脂質ごとに細かく分析できるようになりました。

「脂肪を燃焼させたい」「筋肉をつけたい」など目的に合わせたトレーニングや栄養補給の目安として役立ちます。

また、Polar Grit Xはランニングの他に130種類以上のスポーツを選択できます。

思いついたときに気軽にフィットネス

一方、

「マラソン用のランニングプログラムを設定するのは抵抗がある」
「気が付いたときにできるフィットネスを知りたい」

という方におすすめなのが、FitSpark™トレーニングガイドです。

FitSpark™トレーニングガイドは、毎日2~4種類のアクティビティを提供してくれる機能です。

これらのアクティビティには、カーディオ(心肺系)、筋力、 サポーティブから表示され、コンディションに合わせて選択可能。

前夜の回復度(Nightly Recharge ステータス)を基準に、個々の履歴やレベルに合わせたアクティビティが表示されるため、無理なくトレーニングができます。

睡眠を分析、夜間の回復を測定

Polar Grit Xの睡眠測定には、以下の二つの機能が使われています。

Sleep Plus Stages™睡眠状態のトラッキング

「Sleep Plus Stages™」は、何時間眠れたか、どれだけ良く眠れたかを通知する機能です。

Nightly Recharge™回復計測

「Nightly Recharge™」は日中に受けた負荷を、夜間にどれだけ回復できたか表示する機能です。

睡眠時の回復計測は、効果的なトレーニングや健康維持に必要な値で、FitSpark™トレーニングガイドのアクティビティ作成の基準にもなっています。

その他

Polar Gritは、専用のPolar Flowの他、Strava、MyFitnessPal、TrainingPeaksなどのサービスやスポーツコミュニティと、自分のトレーニングデータを自動的に同期可能。

その他、Bluetooth対応、活動量計測、スマート通知、天気予報機能、スヌーズ機能付きアラームなどスマートウォッチとしての機能も充実しています。

タイトルとURLをコピーしました